連日稼働中のスロット、バジリスク3。

皆様は、どんな「バジリスクタイム」を体験しましたか?

連チャンに期待できるモードなどの出現は、手に汗にぎりますね。

そこで、今回は、バジリスク3の「バジリスクタイム」について、詳細を説明していきます。

 

 

バジリスク3の「バジリスクタイム」とは?

バジリスク③
出典:http://miyata-ginji.com/

 

お馴染みとなった、「バジリスクタイム」。

今作は、ARTとして当選します。

 

「追想の刻」と、「争忍の刻」で構成されていて、歴代のシリーズと流れは一緒です。

今作は、新基準機としてのARTなので、純増は、少ないと感じると思います。

 

導入当初は、辛口の評価も多かったのですが、システム等を把握していくと、楽しく打てる台という人も増えてきました。

私も、ちょくちょく打っていますが、「バジリスクタイム」は、今作も楽しいと思っています。

 

今作の「バジリスクタイム」の詳細を説明していきます。

こちらをご覧ください。

 

 

○バジリスクタイム

 

ART純増            1,7枚

 

ボーナス込み純増        2,0枚

 

継続G数    1セット    約35ゲーム程度

(追想+争忍)

 

「追想の刻」 アニメのストーリ紹介で全24話となります。

「争忍の刻」 バトル演出となります。(キャラに注目)

 

 

1セットは、約35ゲームです。

「追想の刻」などで、上乗せが発生すると伸びます。

 

特に何もおきなかった場合でも、1セット約35ゲーム程度ありますね。

規定のゲーム数は、「追想の刻」のみで、「争忍の刻」は、勝利すると次のセットへと切り替わります。

 

消化中は主に「無双ポイント」が抽選されています。

こちらは、勝利時の獲得報酬に影響されます。

 

 

その他に、レア役やボーナス(バジリスクチャンス)が抽選されています。

勝利報酬が獲得できれば、セット上乗せや、特化ゾーンが獲得できます。

 

 

バジリスク3で、「バジリスクタイム」に突入するには?

今作では、CZ(チャンスゾーン)の「周期抽選」という流れになります。

まずは、通常時、CZ(チャンスゾーン)当選を目指す、という形になります。

 

CZ(チャンスゾーン)中に見事当選することができれば、「バジリスクタイム」突入という流れです。

その他には、天井到達での、ART(バジリスクタイム)もしくは、ボーナス(バジリスクチャンス)経由でのART(バジリスクタイム)当選があります。

 

「周期抽選」と聞くと、ちょっとキツイ、イメージになってしまいますが、レア役等の減算があり、比較的には、平均100ゲーム程で、CZ(チャンスゾーン)抽選を受けれます。

CZ(チャンスゾーン)当選率に設定差がありますので、必然的に、ART(バジリスクタイム)の初当たり確立にも影響されてきます。

 

設定別で、ART(バジリスクタイム)初当たり確立をまとめました。

こちらをご覧ください。

 

 

○「バジリスクタイム」初当たり確立

 

設定1    1/376,8

 

設定2    1/363,0

 

設定3    1/356,9

 

設定4    1/312,1

 

設定5    1/316,2

 

設定6    1/256,2

 

 

設定6は、流石に強いですね。

100回転以差があります。

 

新基準機で、よく回ってくれるので、意外と初当たりは、投資的に、軽く感じます。

ですが、獲得枚数が少ないので、連チャンできないと、50枚前後で、終了することもあります。

 

ですので、突入時のモードが重要となります。

高モードの示唆などが、ありますので、そういった場面が勝負所になると感じます。

 

 

バジリスク3「バジリスクタイム」開始画面。

開始画面
出典:https://pbs.twimg.com/

 

シリーズを通して、「バジリスクタイム」開始画面は、注目ポイントの1つです。

バジリスク2や「絆」では、キャラに応じて、継続率という項目で、示唆していました。

 

今作は、ARTレベルといわれています。

ARTレベルは、バトル人数や、「争忍モード」に関係してくるみたいですね。

 

 

○「争忍モード」とは・・・

バジリスク3でのバトルは、自力バトルとなる為、攻撃に関係する小役を引いて、敵を撃破します。

「争忍モード」は、攻撃役と関係しているベルリプレイの選択率が高くなります。

 

 

上位の「争忍モード」になれば、撃破しやすくなるといった関連があります。

撃破がしやすくなれば、勝率も必然的についてくるので、結果継続しやすくなるということです。

 

「争忍モード」は「追想の刻」開始時に、継続モードとして、抽選されます。

他に、「朧モード」というのが存在しています。

 

「朧モード」は、セット数ストックや、エピソードバトルの優遇などの恩恵がありますね。

こちらは、ARTレベルとは、関係しているかは、調査中です。

 

 

バジリスク3の「バジリスクタイム」開始画面のキャラクター。

基本は、前作までと同じです。

キャラクターや、強さも同じですね。

 

ARTレベルの示唆になりました。

キャラクターにお応じて、ARTレベルが上がっていると思ってください。

 

 

○開始画面のキャラクター

 

弦之介   期待度 低   通常or通常以上

 

朧     期待度 中   通常以上

 

天膳    期待度 高   高レベル

 

 

 

「弦之介」 < 「朧」< 「天膳」の順番は、変わりませんね。

「天膳」は、めったに出現しませんが、出現時は、期待していいでしょう。

 

「朧」は、通常よりは、期待がもてます。

「朧」画面出現で、内部的に高レベルとなると強いですね。

 

ただ、油断していると、「朧」スタートで、すぐ終わってしまう事も多々あります。

反面、朧「スタート」からドーン!と伸びることも、あるので、期待はしてもいいと思います。

 

 

バジリスク3のバジリスクタイム「ランプ」との関係は?

バジリスク3 ランプ
出典:https://pbs.twimg.com/

 

台の中央左右に巻物の様な形をしたドラム状の役物があります。

現在の状況に応じて動いたりしますね。

 

「バジリスクタイム」に突入すると、右側のドラムに現状態が表示されます。

こちらの「ランプ」の色が、ARTレベルに応じて、変化するようですね。

 

私も、実践で、「緑」に変化した事があります。

この時は、「朧」スタートで、「緑」に変化しました。

 

ART(バジリスクタイム)が終了するまで、「緑」でしたね。

詳しい解析は、まだ不明確なのですが、一部の情報によると、開始画面のキャラに応じて、色が違うようです。

 

 

○「ランプ」と開始キャラの関連

 

弦之介   ランプ=青

 

朧     ランプ=緑

 

天膳    ランプ=赤

 

 

私の経験的にも、この示唆は、キャラではないかと思います。

気になるのは、矛盾が存在するのかどうかですね。

 

たとえば、「弦之介」スタートで、「緑」や「赤」は存在するのか、どうか。

途中まで、「青」だったのに、内部的に高レベルで、途中で「緑」「赤」に変化する、などの矛盾ですね。

 

開始画面で期待がもてなかった場合などは、嬉しい示唆になりそうですが、いまの所、矛盾の報告例が出ていません。

現状では、開始キャラのリンクとみていいでしょう。

 

 

バジリスク3のバジリスクタイム中のステージ示唆

バジリスク3  夜
出典:http://yuberu-777.com/

 

「追想の刻」は、主にアニメストーリの紹介という形です。

「争忍の刻」中は、バトル展開となるのですが、こちらに、ステージ変化が起こります。

 

今作での、ステージ変化は、「争忍モード」示唆しているのではないかと言われています。

全4種類のステージ期待度を紹介します。

 

 

○「争忍の刻」中の背景ステージ

昼 < 夕方 < 夜 < 城

 

 

ARTレベルが高いと上位のステージが選択されやすくなります。

「争忍モード」が良い状態とも言えますね。

 

「駿府城」のステージは、継続にも期待がもてます。

出現時は、大チャンスと見てもいいです。

 

もちろん、BGM変化が発生すると、継続が確定します。

 

 

バジリスク3の「バジリスクタイム」まとめ。

今作では、ARTとして、「バジリスクタイム」が当選します。

主に、「周期抽選」のCZ(チャンスゾーン)経由にて、当選となります。

 

他にも、ボーナス(バジリスクチャンス)経由での当選などもあります。

突入率は、高設定ほど初当たりが多いので、初当たりが軽いようであれば、様子をみてもいいですね。

 

ART(バジリスクタイム)開始の画面には、ARTレベルの示唆があります。

発生するキャラクターは、歴代と同じですね。

 

「弦之介」 < 「朧」 < 「天膳」の順で期待度があがります。

ARTレベルは、バトル人数や、「争忍モード」に影響されると言われています。

 

「争忍モード」は攻撃役である、ベルリプレイが選択されやすいので、必然的に勝ちやすくなります。

特に、「天膳」開始画面は、大チャンスとなります。

 

その他にも、台の「ランプ」での示唆が、開始画面とリンクされているようですね。

こちらは、「弦之介(青)」 「朧(緑)」 「天膳(赤)」という形でリンクされています。

 

もしかしたら、矛盾なのどもあるかもしれないので、注目してみましょう。

ステージ背景による示唆は、「争忍モード」の強さを示唆していると考えられます。

 

ARTレベルの高い「バジリスクタイム」は高ステージが頻発すると思われます。

また、駿府城出現は、継続にも期待がもてます。

 

出現した段階で、大チャンスとみてもいいでしょう。

他にも特化ゾーンなど、醍醐味とされている物が沢山あるので、最高のARTにしたいですね。

 

「バジリスクタイム」は、打ち手にとって、様々なドラマがあると思います。

皆様に、すばらしい展開が訪れるように、お祈りしております。

 

 



ちなみに、今、パチスロよりもカジノアプリの方が稼げるって知ってましたか?

家でも会社でも、パチ屋に行けない時にカジノアプリでザクザク稼ぐ人が増えてきているんです。

私もパチ屋の空いてない時間や期待値のある台が見つからない時に、このアプリでポチポチしながら稼いでいます!


今のところiPhoneしか対応していません。

Android版がリリースされたら、一気にやる人が増えて稼ぎづらくなるので、iPhoneユーザーは今がチャンスです!

無料でダウンロードできるので、試しにやってみてください!


▼▼▼

人気のカジノアプリ「レガーロカジノ」を今すぐダウンロード!

▲▲▲


こんな記事もよく読まれています!