連日稼働中のスロット、バジリスク3。

バジリスクチャンスの終了画面に、いつもと違うパターンが存在するみたいですね。

当初は、設定示唆の演出と言われていましたが、色々と解析がでてきました。

そこで、今回は、バジリスク3の終了画面、設定示唆演出について、詳細を説明していきます。

 

 

バジリスク3の終了画面について。

バジリスク3 ART終了画面
出典:http://slot-7.com/

 

ボーナス(バジリスクチャンス)終了画面が、「朧」で、獲得枚数が表示される演出があります。

当初は、設定示唆ではないかと言われていましたが、次回の周期抽選がCZ(チャンスゾーン)当選確定の示唆でしたね。

 

他にも、この様な示唆がないのか、調べてみました。

ART(バジリスクタイム)終了画面などは、特に変化はないようです。

 

前作(絆)では、特定の条件で、全員集合といった特殊パターンがありましたね。

エンディング経由では、朧と弦之介の終了画面がみれるようです。

 

その他にも、特殊条件が、もしかしたら隠されているかもしれませんね。

特殊条件なので、プレミア級だと思います。

 

確認できたという情報は、まだ出ていないので、調査中です。

その他には、今作での、設定示唆が、小役振り分け以外に、複数あることがわかりました。

 

把握できている所を、順に説明していきます。

新基準機は、高設定でないと厳しいと言う声も多いので、確認できれば、勝利が目前です。

 

次項目をご覧ください。

 

 

バジリスク3の「追想の刻」に設定示唆

高設定確定演出です。

「追想の刻」のゲーム数に設定6確定の振り分けがあります。

 

上乗せ込みとの情報もあるので要チェックですね。

こちらをご覧ください。

 

○ゲーム数  10G

設定1~5  96,9%

設定6    96,5%

 

○ゲーム数  20G

設定1~5  2,7%

設定6    2,7%

 

☆ゲーム数  40G

設定1~5  0%

設定6    0,4%

 

○ゲーム数  60

設定1~5  0,4%

設定6    0,4%

 

 

「追想の刻」40ゲーム継続は、設定6確定となります。

上乗せ込みなので、10G乗せた後などは、一応覚えておいた方がいいですね。

 

さらに、ボーナス(バジリスクチャンス)を引いたと場合も、40Gが確定するパターンであれば良いそうです。

60ゲームと間違えないようにしなければいけませんね。

 

複数引いた場合の継続ゲーム数も参考までにご覧ください。

 

○バジリスクチャンス1回 50G/60G/100G継続=6確定

○バジリスクチャンス2回 70G/110G/120G/160G継続=6確定

○バジリスクチャンス3回 130G/170G/180G/220G継続=6確定

 

となるようです。

 

 

バジリスク3のボーナス聴牌に設定示唆。

バジリスク3 バジリスクチャンス
出典:http://2-9densetsu.com/

 

ボーナス(バジリスクチャンス)の聴牌(てんぱい)ボイスに振り分けが存在しましたよ!

振り分けや、矛盾などがあるようなので、揃える時は、注意してみてください。

 

基本となるボーナス(バジリスクチャンス)図柄は、「黄色」と「青」です。

「赤」は、瞳術図柄で「白」はプレミアムバジリスクチャンスとなります。

 

それでは、振り分けをご覧ください。

 

○青バジリスクチャンス当選

●設定1

この好機~(弦之介)0%

もう一度~(朧) 66,6%

この時を~(朧)  0%

嬉しき~ (朧) 33,3%

 

 

●設定2

この好機~(弦之介)0%

もう一度~(朧) 100%

この時を~(朧)  0%

嬉しき~ (朧)  0%

 

 

●設定3

この好機~(弦之介)0%

もう一度~(朧) 50,0%

この時を~(朧)  0%

嬉しき~ (朧) 50.0%

 

 

●設定4

この好機~(弦之介)0%

もう一度~(朧) 66,6%

この時を~(朧)  0%

嬉しき~ (朧) 33,3%

 

 

●設定5

この好機~(弦之介)0%

もう一度~(朧)  0%

この時を~(朧) 100%

嬉しき~ (朧)  0%

 

 

●設定6

この好機~(弦之介)40.0%

もう一度~(朧)  40,0%

この時を~(朧)  20.0%

嬉しき~ (朧)  0%

 

 

○黄色バジリスクチャンス当選

 

●設定1

我が瞳術~(弦之介)0%

もはや後~(弦之介)100%

この好機~(弦之介)0%

もう一度~(朧)  0%

 

 

●設定2

我が瞳術~(弦之介)0%

もはや後~(弦之介)100%

この好機~(弦之介)0%

もう一度~(朧)  0%

 

 

●設定3

我が瞳術~(弦之介)0%

もはや後~(弦之介)0%

この好機~(弦之介)100%

もう一度~(朧)  0%

 

 

●設定4

我が瞳術~(弦之介)0%

もはや後~(弦之介)33,3%

この好機~(弦之介)66,6%

もう一度~(朧)  0%

 

 

●設定5

我が瞳術~(弦之介)50.0%

もはや後~(弦之介)50,0%

この好機~(弦之介)0%

もう一度~(朧)  0%

 

 

●設定6

我が瞳術~(弦之介)18,18%

もはや後~(弦之介)63,63%

この好機~(弦之介)9,09%

もう一度~(朧)  9,09%

 

 

 

結構ハッキリ振り分けされているので、参考になりますね。

パーセントも多いので、特殊な聴牌ボイスには要注目ですね。

 

これであれば、近場の台の設定も把握できそうです。

矛盾は、問答無用6確定になるみたいですね。

 

ただ、一部の情報では、設定4挙動台で、矛盾が出たとの報告例も・・・

まだはっきりしていませんが、高設定確定は間違いなさそうですね。

 

「青」で「この時を~」は5以上。

「黄色」で「この好機~」は3以上、「我が瞳術の~」がでれば、5以上になります。

 

覚えやすいと思うので、把握しておくことで、絶対に有利です。

設定さえ入っていれば、聞けるレベルですね。

 

 

バジリスク3のボーナス(バジリスクチャンス)出現率

バジリスク3でのボーナス(バジリスクチャンス)は、比較的に重いです。

ですが、設定差があるので、ご覧ください。

 

 

○ボーナス(バジリスクチャンス)当選率

 

設定1   1/993

設定2   1/964

設定3   1/936

設定4   1/910

設定5   1/886

設定6   1/819

 

設定1と6では、100以上も違いますね。

1000回に1回くらいですが、以外に多く当選している台などもありますね。

 

バジリスクチャンスの色は、数字はでていませんが、若干設定差あるのではないかと言われています。

 

設定1= 青色バジリスクチャンスが多い。

設定6= 黄色バジリスクチャンスが多い。

 

おそらく、黄色バジリスクチャンスは、3以下を否定する示唆がある為と思われます。

 

 

バジリスク3のチェリー設定差

バジリスク3 だんじょうやしき
出典:http://2-9densetsu.com/

 

前作の絆での、小役設定差は、弱チェリーでしたね。

今作のバジリスク3での、小役設定差も弱チェリーです。

 

弱チェリーは、高確ステージ移行の役割もあるので、高設定は必然的に、「弾正屋敷」への移行率もあがります。

設定1~6の弱チェリーの振り分けをご覧ください。

 

 

○弱チェリー出現率

設定1   1/71,4

設定2   1/74,7

設定3   1/66,6

設定4   1/60,7

設定5   1/65,7

設定6   1/56,3

 

 

設定2は、1よりも重く、設定5は、4よりも重く、少し複雑ですね。

ですが、明らかなのは、設定6は、弱チェリーが、かなり軽くなります。

 

低設定との差も大分あるので、弱チェリーが頻繁にでるようであれば、高設定の可能性があります。

「弾正屋敷」への移行率も設定差がでます。

 

 

○弾正屋敷移行率

設定1    1/147,82

設定6    1/109,69

 

ハズレ出現時

設定1    1/1094,5

設定6    1/322,8

 

弱チェリーの当選率があがるので、高確率への移行率もあがります。

CZ(チャンスゾーン)に関係してくるので、結果的には高設定は、CZ(チャンスゾーン)当選率があがります。

 

次項目は、CZ(チャンスゾーン)の当選率です。

 

 

バジリスク3CZ(チャンスゾーン)設定別振り分け。

CZ(チャンスゾーン)は主に、周期モードや、高確率滞在時の周期到達などで、当選します。

周期モード3は、CZ(チャンスゾーン)確定。

 

高確率中の周期到達もCZ(チャンスゾーン)確定となっています。

それ以外のケースに設定差があるようです。

 

通常周期到達や、レア役減算時に高確率経由なしで、前兆へ行くパターンですね。

確定を除いた抽選です。

 

こちらをご覧ください。

 

○CZ(チャンスゾーン)設定別当選率。

設定1    30,1%

設定2    30,1%

設定3    30,1%

設定4    36,8%

設定5    33,6%

設定6    53,6%

 

この様になっています。

設定6だけは、別格ですね。

 

もし、確定のパターン以外での、CZ(チャンスゾーン)当選が多いようであれば、設定6を意識してもいいと思います。

その他では、大きな差はないので、参考にできるのは、ここまでになります。

 

 

バジリスク3の終了画面や、設定示唆のまとめ

今作の、バジリスク3では、ART終了画面などには、設定示唆や特殊なパターンは、現状ありません。

あるのは、エンディング経由時の、終了画面ですね。

 

「絆」の特殊条件でのプレミアム終了画面の様な物が、もしかしたら、隠されているかもしれません。

ですが、恩恵のあるような画面は、調査しましたが、把握できませんでした。

 

また、当初は、ボーナス(バジリスクチャンス)終了画面に「朧」が出現することで、設定示唆ではないかと言われていましたが、詳細が分かりました。

バジリスクチャンス終了画面に「朧」出現で、次回周期到達時に、CZ(チャンスゾーン)確定です。

 

CZチャンスゾーンは、最低でも期待度40%超えなので、周期到達までは、回しましょう。

周期モード3が選択されていれば、1Gもあるかもしれないですね。

 

バジリスクチャンスでは、聴牌(てんぱい)ボイスに設定差がありました。

振り分けも、大きい数値であるので、当選時は、要注目です。

 

青は、朧ボイス。

黄色は、弦之介ボイスです。

 

こちらで、矛盾が発生したら、高設定に王手です。

456確定説もあるのですが、おそらく6確定の可能性が高いです。

 

また、青で、「この時を~」なら設定5以上。

黄色で、「この好機~」は3以上で、「我が瞳術の~」がでれば、5以上が確定します。

 

弱チェリーも、頻繁に出現するようでしたら、6を意識しましょう。

弱チェリーと弾正屋敷が頻度が高ければ、高設定の可能性大です。

 

CZ(チャンスゾーン)の振り分けは、格段に6が強いので、確定パターン以外の周期到達に注意してみてください。

CZ(チャンスゾーン)が軽いようでしたら、6に期待しましょう。

 

設定示唆の演出は、「追想の刻」にもあります。

40ゲーム継続に注意してみてください。

 

全体的に見ても、今作のバジリスク3は、設定判別がしやすい印象です。

あとは、ホール様が設定を入れてくれればですね。

 

新基準機は、設定が上でないと、なかなか勝てません。

設定示唆が勝負所かもしれないですね。

 

皆様が、高設定を掴めるように、お祈りしております。

 

ちなみに、今、パチスロよりもカジノアプリの方が稼げるって知ってましたか?

家でも会社でも、パチ屋に行けない時にカジノアプリでザクザク稼ぐ人が増えてきているんです。

私もパチ屋の空いてない時間や期待値のある台が見つからない時に、このアプリでポチポチしながら稼いでいます!


今のところiPhoneしか対応していません。

Android版がリリースされたら、一気にやる人が増えて稼ぎづらくなるので、iPhoneユーザーは今がチャンスです!

無料でダウンロードできるので、試しにやってみてください!


▼▼▼

人気のカジノアプリ「レガーロカジノ」を今すぐダウンロード!

▲▲▲

こんな記事もよく読まれています!