連日稼動中のスロット、バジリスク3。

「朧」(おぼろ)の演出は、熱い演出が、多いですよね。

歴代のシリーズでも、「朧」には、沢山助けてもらいました。

そこで、今回は、バジリスク3のみんな大好き「朧」(おぼろ)について、語っていきます。

 

 

バジリスク3の「朧」について。

%e3%83%90%e3%82%b8%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%ef%bc%93%e3%80%80%e6%9c%a7%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ad%e3%81%b5
出典:http://スロットガーデン.com/

 

バジリスク3のキャラクターは、覚えやすくて、どのキャラクターも大好きです。

私のお気に入りは、「お幻」なのですが、演出は、やはり「朧」が好きです。

 

激熱の「天膳」様も大好きですが、個人的に「朧」の方が相性がいいです。

頻繁に、見れる演出も多いですね。

 

まだ、「朧」を詳しく知らない人の為に、簡単に、説明します。

 

○「朧」

キャラクター声優 水樹奈々

 

「朧」は、伊賀鍔隠れ衆頭領「お幻」の孫で、バジリスクのヒロインです。

おっとりした性格で、おっちょこちょいな所があります。

 

その性格から、忍術、剣術、体術をろくに身に付ける事ができませんでした。

ですが、見るだけで、あらゆる忍法を強制的に破る「破幻の瞳」を生まれつき持っています。

 

甲賀との和睦を願い、弦之介を「弦之介様」と呼び慕っています。

和睦を嫌がる里の仲間も多いのですが、その優しい人柄は、みんなに愛されています。

 

こんな感じです。

ヒロインなので原作的にも、彼女が好きと言う人が多いですね。

 

今作の、バジリスク3では、「朧」の発展演出も増えました。

こちらを把握しておくと、バジリスク3がもっと楽しくなりますよ。


バジリスク3の「朧」活躍演出。

細かい、新演出も沢山あると思います。

今回は、把握できている演出と、代表的な演出を紹介します。

 

○「朧の物想い」

仕事内容に注目

 

○「朧の手裏剣修行」

手裏剣の数が多いとチャンス。
伊賀鍔隠れステージの演出です。

それほど熱くはありませんが、個人的には、「朧」の発展演出は好きです。

 

他にも連続演出で、「朧」の演出があります。

成功時は、バジリスクチャンス(ボーナス)CZ(チャンスゾーン)当選。

 

主に、CZ(チャンスゾーン)当選がメインとされています。

 

○和睦の舞を演じきれ

「朧」が舞を演じきれば成功。

 

期待度100%と言われる激熱演出です。

 

 

バジリスク3「朧」の新演出。(激熱)

%e6%9c%a7%e3%80%80%e6%89%87%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%97
出典:http://バジリスク感想.com/

 

今作での、激熱演出で、ぜひとも出現させたい2つの演出を紹介します。

まずは、ART中の演出で「扇ワイプ」演出というものがあります。

 

主に、ストック示唆や、継続示唆をメインとしているようです。

細かい内容は、調査中なのですが、3Dミニキャラ(朧)の扇に、赤7などが描かれている模様。

 

期待度も、高めの演出です。

私は、まだ目撃してないので、早く見てみたいです。

 

ミニキャラに、激熱演出があるというのもいいですね。

ART中は、「朧」が出現すると良いことがいっぱいです。

 

歴代にも、「扇子」や「扇」の演出と示唆がありましたが、今作は強いようですね。

「朧」の魅力としての、ミニアイテムでもある、「扇子」「扇」が活躍できると、「朧」の魅力も引き立ちます。

 

 

バジリスク3「闇七夜チャンス」(長押し)演出

%e6%9c%a7%e3%80%80%e9%97%87%e4%b8%83%e5%a4%9c
出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/

 

今作のバジリスク3で、ART中の最も熱い演出と言われている「闇七夜チャンス」。

「朧」が祈る画面で、「長押し」が表示されます。

 

この演出は、今作で、追加された新演出です。

台の右についているボタンを「長押し」します。

 

1夜から7夜まで発展していきますが、多くは、1夜もしくは2~4夜くらいで発展します。

もちろん、7に近い数字が強いのですが、1夜で当選も頻繁にありますので、発生した時点で激熱です。

 

主に「バジリスクチャンス(ボーナス)」の当選となります。

「バジリスクチャンス」だけなら、弱いようにも思えますが、なんと「プレミアムバジリスクチャンス」当選もあります。

 

7夜で「プレミアムバジリスクチャンス」が確定するのですが、良いタイミングで当選すると、3夜のレベルでも出現が確認されています。

「ロングフリーズ」は「プレミアムバジリスクチャンス」の当選の一部なので、ここから、「ロングフリーズ」もあるようです。

 

「プレミアムバジリスクチャンス」の恩恵は、瞳術高確や、ART高レベル(モード)優遇です。

「ロングフリーズ」はさらに上をいきます。

 

頻繁に「プレミアムバジリスクチャンス」がくるわけではないですが、目に見えて、獲得のチャンスがあると手に汗握ります。

そう言った意味でも、激熱演出と呼ばれています。

 

 

バジリスク3の「朧」画面(ART、ボーナス)

%e3%83%90%e3%82%b8%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%ef%bc%93%e3%80%80%ef%bd%81%ef%bd%92%ef%bd%94%e9%96%8b%e5%a7%8b
出典:http://yuberu-777.com/

 

今作は、「朧」がメインの示唆が沢山あります。

順に説明していきます。

 

まずは、ARTの開始画面からです。

 

ARTの開始画面は、今作では、継続モードの優遇レベルを示唆しています。

対戦人数や、争忍モードに影響されるといわれています。

 

前作と同様のキャラクター示唆になります。

こちらをご覧ください。

 

 

○ART開始画面(キャラクター)

弦之介=(通常)

朧  =(中以上)

天膳 =(高モード)

 

残念ながら、高モードが確定するだけで、保障等はありません。

せっかくの高モードを活かしたいのに、単発で終了もあります。

 

私は、初めて、バジリスク3でART(バジリスクタイム)を引いた時、「朧」開始画面でした。

結果43枚と、涙する結果になってしまいました。

 

色々条件が、かみ合わないと、開始画面だけでは、安心できませんね。

 

○ART終了画面

エンディングに到達した場合は、弦之介と朧の寄り添う画像を見ることができるそうです。

これといった、示唆などは、ないようですね。

 

次に、バジリスクチャンスに当選して、消化後の終了画面に、示唆があるようです。

 

○バジリスクチャンス終了画面

前作の絆では、三日月、満月、半月、赤満月と4段階でモード示唆していましたが、今作は「朧」終了画面に示唆があるようです。

 

通常と異なり、「朧」終了画面が出現で、次回、「周期到達」した際にCZ(チャンスゾーン)確定という示唆です。
「朧」の月に関する示唆は、今作では、今のところないようです。

 

個人的に好きな演出だったので、残念です。

次は、モードについて、今作の重要部分なので詳しく説明していきます。

 

次項目をご覧ください。

 

 

バジリスク3「朧モード」

%e6%9c%a7%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89
出典:http://blog-imgs-100.fc2.com/

 

ART中のモードに「朧モード」というのが、存在します。

モードですが、特化ゾーンにも似た部類ですね。

 

当選すると、ストックとエピソードバトル抽選が優遇されます。

「追想の刻」開始時の3,1%で突入します。

 

「朧モード」当選示唆は、こちらです。

 

○BGM(ART中)ヒメムラサキ(追想の刻のBGM)が流れ続ける。

恩恵=継続+朧モード確定

 

○伊賀軍(敵)キャラに「朧」参戦

実際にバトルは行われませんが、敵軍に出現します。

 

ART中のモード示唆ですが、分かりやすいので、気が付くと思います。

さらに、このART中(朧モード)でバジリスクチャンスを引いた場合、次回も「朧モード」継続となります。

 

このチャンスは、活かしたいですね。

バジリスクチャンス当選で、モードを延長できるので、とりあえず、なんでもいいので欲しいモードになります。

 

今作の「朧モード」も、、手に汗握る瞬間になると思います。

まだ、私は見れていないので、いつも出現を願ってます。

 

調査中の項目でもあるのですが、レア役が熱いみたいですね。

現段階で、把握できている、「朧モード」時のレア役抽選は、こちらです。

 

 

共通ベル

通常 0%     朧モード 6,30%

 

チャンスベル

通常 25,00% 朧モード 100%

 

弱チェリー

通常 0,80%  朧モード 50,00%

 

強チェリー

通常 33,60% 朧モード 100%

 

巻物

通常 3,10%  朧モード 66,80%

 

 

かなり強力な当選率です。

なんとしても、レア役を引きたいですね。

 

こちらは、通常時ですので、別モードや、高モードでの、レア役の当選率は、変動すると思います。

高モード中でも、「朧モード」には勝てないくらい強いですね。

 

なにも引けずに終わってしまった報告例もあるので、油断は禁物です。

 

 

バジリスク3の「朧」まとめ

今作では、みんな大好き「朧」の演出や示唆を、紹介と説明させていただきました。

今作は、「朧」が本当に強いですね。

 

もちろん、上を行く天膳様の演出もありますが、頻度から考えても、「朧」演出は勝利への要となるでしょう。

是非とも、常時、出現してほしいです。

 

演出では、激熱のものが多いですね。

今作の、新演出は、絶対に、見て欲しいです。

 

「朧」の「扇ワイプ演出」「闇七夜チャンス」この2つは熱いですよ。

気合をいれて「長押し」しましょう。

 

バジリスクチャンスでの終了画面で「朧」の場合は、次回の周期到達でCZ(チャンスゾーン)確定です。

見逃すことのないように、気をつけましょう。

 

CZ(チャンスゾーン)は、最低でも、ART当選率40%超えです。

気が付かないで捨ててしまうには、あまりに勿体無いですね。

 

ART中の演出も、要チェックです。

また、「朧モード」は、「追想の刻」の開始の3,1%で突入します。

 

ストックやエピソードバトルが優遇されるので、敵軍に「朧」がいれば、大チャンスとなります。

ヒメムラサキが流れ続けるようなので、良い雰囲気のARTになりそうですね。

 

レア役での、当選(ストック)等が非常に熱いので、まず、何か引きたいです。

手に汗握ること間違いなしですね。

 

今作の、バジリスク3は、「朧」あってこそ。

すばらしいARTに仕上げたいですね。

 

皆様に、常に「朧」が、微笑むことをお祈りしております。



ちなみに、今、パチスロよりもカジノアプリの方が稼げるって知ってましたか?

家でも会社でも、パチ屋に行けない時にカジノアプリでザクザク稼ぐ人が増えてきているんです。

私もパチ屋の空いてない時間や期待値のある台が見つからない時に、このアプリでポチポチしながら稼いでいます!


今のところiPhoneしか対応していません。

Android版がリリースされたら、一気にやる人が増えて稼ぎづらくなるので、iPhoneユーザーは今がチャンスです!

無料でダウンロードできるので、試しにやってみてください!


▼▼▼

人気のカジノアプリ「レガーロカジノ」を今すぐダウンロード!

▲▲▲


こんな記事もよく読まれています!