連日稼働中のスロット、バジリスク3。

新台導入から、慣れ始めた頃ではないでしょうか。

打ってみると、意外と面白いとの声も多くなりました。

そこで、今回は、バジリスク3の「周期」について、詳細を説明していきます。

 

 

バジリスク3「周期」とは?

%e3%83%90%e3%82%b8%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%ef%bc%93%e3%80%80%e5%91%a8%e6%9c%9f
出典:http://slotkaiseki.jp/

 

バジリスク3を、なんとなく打ってみて、気が付いたら当たっていた。

気が付いたらCZ(チャンスゾーン)に入っていた。

 

このような、声も多数聞こえました。

今回のバジリスク3は、通常時、CZ(チャンスゾーン)の「周期抽選」なんです。

 

特別な、当たり方以外は、まず、CZ(チャンスゾーン)を引いて、ART当選を獲得する流れになります。

ですので、くるべきタイミングで、当たりを引くシステムです。

 

一定のゲーム数が決められていて、最深部に到達することで、初めて抽選されるのです。

機種によって、「周期抽選」や「周期天井」などの単語をよく耳にすると思うのですが、そういった類です。

 

打ち慣れてくると、バジリスク3のシステムも気になってきますよね。

「レア役」の抽選や、仕組みを把握したくなってきます。

 

逆に、システムを知らないと、困ることや、損することもでてきますね。

ヤメ時に困ったり、もうすぐ「周期到達」するのに、辞めてしまったりすると、損をしてしまいます。

 

最初は、覚えるのが大変だと、感じてしまいますが、実際に打っていると、自然に体感できてきます。

簡単にでいいので、覚えて、把握する所から、始めましょう。

 

上級者レベルになると、「設定判別」や「周期狙い」「期待値追い」の参考にもできます。

覚えていて、損はありません。

 

バジリスク3には、「周期」にモードが存在しています。

詳しい説明は、下記をご覧ください。

 

 

バジリスク3の「周期モード」とは?

先ほど、説明した「周期」については、理解できましたでしょうか?

ちょっと難しい話にもなりますが、まずは、「周期抽選」のゲーム数です。
こちらをご覧ください。

 

○「1周期」の最大ゲーム数

256ゲーム

 

○「1周期」の平均ゲーム数

約100ゲーム

 

 

です。

 

最大ゲーム数256ですので、どんなに状況が悪くても、最低256ゲームに1回はCZ(チャンスゾーン)の抽選を受けれます。

「1周期」平均100ゲームとありますが、こちらは、256ゲームから、「レア役」や、モードの振り分けで、ゲーム数が短縮されています。

 

短縮されていると、通常より早くCZ(チャンスゾーン)の抽選が行われる事になります。

CZ(チャンスゾーン)の抽選を沢山受けれる台ほど、ART当選が近くなりますね。

 

そういった意味での、平均100ゲームです。

バジリスク3では、「周期」にモードが存在します。

 

モードに「周期」のゲーム数が振り分けられていて、その振り分けに応じて、抽選開始までの、ゲーム数を短縮できることになります。

この、モードの振り分けが、短縮につながらなければ、256ゲームになります。

 

また「レア役」でのゲーム数短縮もあるので、振り分けに応じて、さらに早く抽選できることになります。

バジリスク3には、3つの「周期モード」があります。

 

モード別に、抽選の振り分けが違います。

また、設定差での移行率や、特殊モード、振り幅の多いゲーム数なども、存在します。

 

全部は覚えきれないと思いますが、振り幅の大きい所だけ覚えておくと、把握しやすいです。

「周期」に到達したかどうかは、演出で示唆できるように、なっています。

 

「周期」到達の示唆と、モードの振り分けは、順に説明していきます。

次の項目で、ご覧ください。

 

 

バジリスク3の「周期」到達示唆。

%e3%83%90%e3%82%b8%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%ef%bc%93%e3%80%80%e5%91%a8%e6%9c%9f%e5%88%b0%e9%81%94
出典:http://2-9densetsu.com/

 

「周期」の到達は、演出で示唆できます。

「周期」到達が近くなると、液晶に、タカ玉が、頻繁に出てきます。

 

白と、銀があり、銀の演出が多くなれば、到達が近い示唆となります。

銀が3つ揃えば、「周期」到達が確定します。

 

「周期」到達しますと、CZ(チャンスゾーン)獲得の前兆が、始まります。

前兆は、5ゲーム~24ゲームで、こちらの前兆にて、CZ(チャンスゾーン)の当選か、ハズレが告知されます。

 

前兆は、2種類あります。

 

○謀略の道

期待度 低

天膳様を先頭に、伊賀鍔隠れ衆が、ダッシュしている前兆ステージ。

 

○卍谷月下

期待度 高

月夜に照らされる甲賀弦之介の前兆ステージ

 

 

こちらの、前兆の最後に演出があり、そちらで、CZ(チャンスゾーン)の当否が、告知されます。

「卍谷月下」は期待度がアップするので、CZ(チャンスゾーン)当選のチャンスになります。

 

前兆のステージは、このどちらかになるので、あとは、当選待ちですね。

当選されなかった場合は、次の「周期」です。

 

「レア役」後などに、タカ玉が出現せずに前兆が始まる事もあります。

「レア役」減算に当選すると、「周期到達」しますので、その影響と思われます。

 

「レア役」からの前兆でCZ(チャンスゾーン)当選も、非当選も、ありますので、この場合はおそらく、「レア役」での当選は、「周期到達まで」になると思います。

 

タカ玉の「周期」到達示唆は、必ず出現するわけではないのかもしれません。

「周期」到達の示唆については、まだまだ情報不足ですね。

 

「周期」は、どんなに遅くても256ゲームで到達するのですが、前兆がおきなかったことで、こないと感じた人もいるようです。

CZ(チャンスゾーン)の非当選の場合、前兆がない場合もあるので、注意してください。

 

また白いタカ玉は、「周期」が近い示唆でもありますので、チェックですね。

前兆が、まったくおきないことを、考慮して、最後の前兆の、ゲーム数をチェックしておくといいと思います。

 

バジリスク3の「周期モード」振り分け。

「周期」モードは全部で3種類あります。

こちらの振り分けで、「周期抽選」がいつ行われるかが決まります。

 

 

○   1~32G 「モード1」0,4% 「モード2」0,4%

○  33~64G 「モード1」9,8% 「モード2」1,6%

○  65~96G 「モード1」1,6% 「モード2」9,8%

○ 97~128G 「モード1」19,5%「モード2」2,7%

○129~160G 「モード1」2,7% 「モード2」19,5%

○161~192G 「モード1」0,4% 「モード2」0,4%

○193~224G 「モード1」15,6%「モード2」15,6%

○225~256G 「モード1」50,0%「モード2」50,0%

 

 

「モード3」は、1ゲームで、周期到達、CZ(チャンスゾーン)確定です。

実質、CZ(チャンスゾーン)の天国ですね。

 

「モード1」「モード2」で、大きな変化が見られるのは、97ゲーム~128ゲームの間。

129ゲーム~160ゲームの間が、はっきり分かれていますね。

 

128ゲームまでに、「周期」到達した場合は、「モード1」

128ゲーム~160付近で、「周期到達」した場合は、「モード2」

 

と、目安にしてもいいと思います。

後半の振り分けは、ほぼ同じなので、前半に振り分けの示唆要素があります。

 

○モード1 偶数設定が移行しやすい。

○モード2 奇数設定が移行しやすい。

○モード3 設定、3,5,6が移行しやすい。

 

 

例えば、こちらの振り分けを参考にして、例をだしてみます。

 

○例

通常256周期が、「モード1」の振り分けで、97ゲーム~128ゲームで選択されました。

「レア小役」なしで、97ゲーム~128ゲームで「周期」到達しました。

今回の滞在モードは、「モード1」かな?

 

 

上記の例を、重ねていくと、「モード1」が多いので、設定偶数示唆かな?

と、いったように、予測できるというわけですね。

 

また、「モード3」が頻繁に出現すると、3,5,6の設定を予測できます。

CZ(チャンスゾーン)確定で、ART当選ではないので、注意してください。

 

 

バジリスク3の「周期」到達と「レア役」の関係

%e3%83%90%e3%82%b8%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%ef%bc%93%e3%80%80%e5%89%8d%e5%85%86
出典:http://shiva-slot.com/

 

「周期」到達を、短縮させるのは、「モード」振り分けだけでは、ありません。

「レア役」を引くと、減算されることがあります。

 

「モード1」「モード2」ともに、50%は、256ゲームを選択するので、「レア役」の減算なしでは、きついですよね。

そこで、減算の対象になる、「小役」を紹介します。

 

○「レア役」周期短縮当選率

巻物       25%

チャンスベル   66,8%

強チェリー    100%

 

 

 

減算は0か100%かです。

それぞれの「レア役」の、規定%の確率で、「周期到達」します。

 

強チェリーや、巻物の後に、即前兆で、謀略の道に移行する事が多々あります。

タカ玉揃いは、確認できない場合もありますが、「周期到達」までの減算になります。

 

強チェリーは100%なので、おそらく、強チェリー後は、即前兆につながります。

巻物も、役1/4で、即前兆ということですね。

 

 

バジリスク3「弱チェリー」と周期の関係

弱チェリーは、高確率ステージ移行の抽選です。

高確率ステージは、お馴染み、「弾正屋敷」です。

 

「弾正屋敷」は前兆ステージでは、ないので、注意してください。

ですが、「弾正屋敷」滞在時に、「周期」到達すると、CZ(チャンスゾーン)が濃厚です。

 

いずれにして、高確率ステージですので、移行した場合は、即ヤメはNGです。

高確率中に、「レア役」減算等で、到達する場合もあるので、様子見をおススメします。

 

 

 

バジリスク3のモード滞在時のリセット(設定変更)は?

バジリスク3の、「周期モード」滞在時に、リセット(設定)変更された場合どうなるのか紹介します。

 

○据え置き          モードはそのまま引継ぎます。

○リセット(設定変更)    モード1の周期が確定します。

朝一の状態で、「モード1」の振り分けで、周期到達したのならば、リセット(設定変更)も視野にいれましょう。

逆に、「モード2」などの振り分けが、怪しい場合は、据え置きの可能性もあるので、前日の宵い越し狙いでは、期待できますね。

 

 

バジリスク3「周期」のまとめ

バジリスク3のART当選までの流れを、簡単に説明します。

通常時は「周期」抽選で、CZ(チャンスゾーン)の当選を狙います。

 

CZ(チャンスゾーン)当選して、初めて、ART抽選が行われます。

また、「周期」には、モードが存在します。

 

モードの振り分けによって、通常256ゲームの「周期」が短縮される可能性があります。

短縮のタイミングで、モードを示唆することで、設定判別も可能になります。

 

「モード3」は実質のCZ(チャンスゾーン)天国なので、1ゲームでCZ(チャンスゾーン)確定です。

ART当選確定ではないですが、抽選を多く受けれる台ほど、ART当選が近くなります。

 

CZ(チャンスゾーン)非当選の場合、前兆が、おきないことがあります。

「周期」の到達は、銀タカ玉揃いの出現や、最終前兆をチェックしましょう。

 

「周期」到達の示唆演出を参考に、何ゲームで、「周期」到達しているか、示唆できるようになると、上級者です。

せっかく当選するCZ(チャンスゾーン)なので、しっかりART当選を掴みたいですね。

 

リセット(設定変更)時は必ず、「モード1」からのスタートになります。

前日の挙動や、ゲーム数を、把握できている場合で、据え置きを狙う際には、参考にしてみてください。

 

「レア役」などで「周期」が短縮された場合などは、タカ玉揃いがないことがあります。

ゲーム数の振り分けも少なからず、%はあるので、タカ玉は、参考の一部程度と思ったほうが、無難な考え方だと思います。

 

また、「レア役」で減算に当選すると、一気に「周期到達」します。

タカ玉揃いを、未確認の状態で、前兆にいくので、その場合は、「レア役」減算です。

 

皆様に、CZ(チャンスゾーン)を沢山引いてもらって、少しでも多くのART当選が訪れることをお祈りしております。

 

 



ちなみに、今、パチスロよりもカジノアプリの方が稼げるって知ってましたか?

家でも会社でも、パチ屋に行けない時にカジノアプリでザクザク稼ぐ人が増えてきているんです。

私もパチ屋の空いてない時間や期待値のある台が見つからない時に、このアプリでポチポチしながら稼いでいます!


今のところiPhoneしか対応していません。

Android版がリリースされたら、一気にやる人が増えて稼ぎづらくなるので、iPhoneユーザーは今がチャンスです!

無料でダウンロードできるので、試しにやってみてください!


▼▼▼

人気のカジノアプリ「レガーロカジノ」を今すぐダウンロード!

▲▲▲


こんな記事もよく読まれています!